K18イエローゴールド

ブライダル

同じ素材でも雰囲気が違う結婚指輪

ふたりで手作りした結婚指輪。ゴールド地金からの制作です。oval(平)を彼の指輪はつや消しに、彼女のはピカピカに磨きあげました。彼女の指輪にはオプションでダイヤモンドを1石留めました。彼女はoval(平)ですが、少し丸いフォルムが好みということで、彼が彼女好みに削り出してくれました。
ブライダル

協力して作った結婚指輪

ふたりで手作りする結婚指輪。ゴールド地金からの制作です。確かに、プラチナより硬いゴールドの幅広の地金を曲げるのはかなり力が必要です。そこで、力が必要な工程は自分の指輪を作業し、必要のない工程はお互いの指輪を作業しました。ふたりで協力して2本の結婚指輪が出来あがりました。
ブライダル

ダイヤモンドを留めた結婚指輪

ふたりで手作りした結婚指輪。プラチナとゴールド、それぞれ地金からの制作です。oval(平)をピカピカに磨きました。 女性のリングにはオプションでダイヤモンドを5石留めました。結婚指輪を手作りするって、一生に一度の経験ですね。
ブライダル

ゴールドとプラチナの結婚指輪を手作り

ふたりで手作りする指輪。プラチナとゴールド、それぞれ地金からの制作です。プラチナとゴールド、違う素材を選ぶとそれぞれの地金の特性の違いがよくわかると思います。硬さやロー付け(溶接)の仕方、正円を出す時に木槌で叩く時の力の違い… 作る時の注意点がかなり違います。
ブライダル

婚約指輪と重ね付けの相性が良い結婚指輪

ふたりで手作りした結婚指輪。プラチナとゴールド、それぞれ地金からの制作です。oval(平)に鎚目とつや消しを施しました。このデザインに決定した1番のポイントは婚約指輪と重ね付けしたときの相性でした。結婚指輪と婚約指輪、お互いに引き立て合うこのデザインを選ばれました。
ブライダル

結婚指輪作りがきっかけに新しい趣味が?

ふたりで手作りする結婚指輪。プラチナとゴールド、それぞれ地金からの制作です。「結婚指輪作りがすごく楽しかったから、シルバーで何か作ろうかな」と彼。趣味が新たに追加される日も来るかもしれませんね。
ブライダル

模様が半分ずつ違う手作り結婚指輪

ふたりで手作りした結婚指輪。プラチナとゴールド、それぞれ地金からの制作です。oval(平)の半分を荒らし鎚で模様を入れ、残りの半分をピカピカに磨きました。んな表情が楽しめる結婚指輪が出来上がりました。
ブライダル

久しぶりのものづくりは結婚指輪制作

ふたりで手作りする結婚指輪。プラチナとゴールド、それぞれ地金からの制作です。ものづくりは久しぶりだというおふたり。最初は恐る恐る作業を進められている雰囲気がありました。「楽しかったね」指輪と一緒に素敵な思い出も作ってもらえていますように。
ブライダル

結婚指輪と一緒に思い出も作ります

ふたりで手作りした結婚指輪。プラチナとゴールド、それぞれ地金からの制作です。お互いの指輪を作り合ったので、彼女は彼の指輪をものすごくがんばって磨いてくれました。「幸せな思い出をありがとうございました」 お受け取りの時にうれしいうれしいメッセージをいただきました。
ブライダル

結婚指輪制作中のふたりをフォトブックに

ふたりで手作りした結婚指輪。プラチナとゴールド、それぞれ地金からの制作です。「制作風景を撮ってもらえるのはうれしいですよね」ポーズを取ってない写真はあまり撮らないと思うので、できるだけ自然な笑顔を撮るようにしています。