ブライダル

素材とテクスチャ違いの結婚指輪の制作

ふたりで手作りする結婚指輪。地金からの制作です。男性のリングはoval(平)に荒らしタガネで模様を入れたデザイン。彼女が入れたテクスチャを彼が確認します。女性のリングは、ピカピカのoval(平)。後から私がダイヤを留めます。
ブライダル

つや消しの結婚指輪が出来上がり!

ふたりで手作りした結婚指輪。プラチナ地金からの制作です。シンプルなoval(平)につや消しを施して。表面はおふたりがつけたつや消しを活かして、私は全く加工していません。サイドは職人の私がピカピカに磨きました。女性のリングにはダイヤモンドを3石オプションで。
ブライダル

鎚目の結婚指輪の制作風景

ふたりで手作りする結婚指輪。地金からの制作です。ふたりが作るのは、oval(平)に鎚目を施したデザイン。男性がプラチナ、女性がイエローゴールドです。金属の棒を指輪のかたちにする為、ヤットコという工具を使って指輪を丸めます
ブライダル

鎚目の手作り結婚指輪

ふたりで手作りした結婚指輪。プラチナの地金からの制作でした。ふたりが選んだのは、鎚目のデザイン。つや消しにされる場合も多いのですが、今回はピカピカです。ひとつひとつ、手で打っていきます。内側とサイドは私がピカピカにしましたが、鎚目の部分はほとんど触っていません。
ブライダル

ピカピカの結婚指輪の制作

ふたりで手作りする結婚指輪。プラチナ地金からの制作です。男性は、お仕事で指輪よりも細い線材を扱ってらっしゃいます。太さは違えど同じ金属の線を毎日触っているから、さすがお上手。プラチナの板の端と端をぴったり合わせるのが中々難しいのですが、見事にぴったり!
ブライダル

少しデザインが違う結婚指輪

ふたりで手作りした結婚指輪。地金からの制作で、ミル打ちは職人が入れました。おふたりに作ってもらうのは、ピカピカのhalf round(甲丸)。 最初はふたりともミル打ちを施す予定でしたが、制作しているうちに男性はミル打ちは入れないことに。
ブライダル

つや消しの結婚指輪の制作風景

2人で手作りする結婚指輪。今回もプラチナ地金からの制作です。男性は、学生時代授業で鉄の溶接をした事があるそう。プラチナとは勝手が違いますが、懐かしい!と楽しんでロー付け(溶接)されていました。つや消しを施したデザインですが、一度ピカピカにします。
ブライダル

出来上がったファミリーリング

おばあさまの形見の指輪を溶かして、3本のファミリーリングに生まれ変わりました。3本とも鎚目につや消しを施しました。 真ん中のリングは、小学2年生の女の子のリングです。この女の子が、頑張って鎚目を入れてくれました。
ブライダル

鎚目の手作り結婚指輪

2人で手作りする結婚指輪。地金からの制作です。作ったのは、鎚目が入ったデザイン。シルバーの板で鎚目を入れる練習をしてから、プラチナの本番に臨みます。女性のリングは細いので、アトランダムに鎚目を入れるのが、なかなか難しい…
ジュエリー

メモリアルリング

メモリアルリングをオーダーいただきました。男性からのオーダーです。石がとても大切なものだから、ルースの状態ではなくリングにしたいとのこと。指にはめる為の物ではないのでサイズはピンキーリングくらい、とてもシンプルなデザインで、細かなところはお任せでした。