ブライダル

ブライダル

ダイヤモンドプロポーズ後の結婚指輪制作

ふたりで手作りした結婚指輪。ゴールドとプラチナ、それぞれ地金からの制作です。彼は去年、アトリエイツモでダイヤモンドを購入されました。そのダイヤモンドでプロポーズ。今回、結婚指輪を作りに来てくれました。悩まれた結果、プロポーズの時に贈ったダイヤモンドは留めず、埋め込めるサイズのダイヤモンドを留めることになりました。
ブライダル

素材違いの結婚指輪を手作り

ふたりで手作りする結婚指輪。ゴールドとプラチナ、それぞれ地金からの制作です。彼はジムに通ってらっしゃるそう。糸鋸を使う作業の時は、その鍛えた筋肉でしっかりと指輪を支えてくれました。指に指輪の跡が付くくらいギュッと支えます。
ブライダル

柔らかな雰囲気の手作り結婚指輪

ふたりで手作りした結婚指輪。プラチナ地金からの制作です。男性はシンプルなhalf round(甲丸)女性はoval(平)にダイヤモンドを1石オプションで留めました。女性のリングはovalですが、彼がかなりがんばって磨いてくれたので角が取れて柔らかな表情になっています。
ブライダル

悪戦苦闘しながら手作りした結婚指輪

ふたりで手作りする結婚指輪。プラチナ地金からの制作です。「どんどんピカピカになっていくの、すごくうれしいですね!」彼が磨きの途中で言ってくれました。彼女は細かな作業が好きで順調に紙ヤスリ磨きます。彼は彼女のデザインがoval(平)な事もあって鉄のヤスリに悪戦苦闘。
ブライダル

ダイヤモンドを留めた手作り結婚指輪

ふたりで手作りした結婚指輪。プラチナ地金からの制作です。oval(平)をピカピカに磨きました。女性のリングにはオプションでダイヤモンドを5石留めました。ピカピカにするのは、なかなか根気がいる作業です。特に幅が広いデザインは。ふたりは黙々と根気強く磨きます。
ブライダル

最初は少し緊張しながら結婚指輪を手作り

ふたりで手作りする結婚指輪。プラチナ地金からの制作です。指輪を作りはじめる1番最初は、プラチナをやわらかくするために火を当てて"なます”という工程をします。彼女はバーナーの火におっかなびっくり。少し緊張されているようでした。
ブライダル

一緒に手作りした結婚指輪と婚約指輪

ふたりで手作りした結婚指輪と婚約指輪。プラチナ地金からの制作です。結婚指輪はoval(平)に鎚目を施しました。好みの鎚目具合を確かめながら、お互いの指輪を作ります。婚約指輪は彼が作りました。鏡面のきゃしゃなround(丸)を彼が作り、職人が石枠をつくりました。
ブライダル

結婚指輪と婚約指輪を一緒に手作り

ふたりで手作りする結婚指輪と婚約指輪。プラチナ地金からの制作です。おふたりは結婚指輪と婚約指輪を一緒に手作りされました。婚約指輪は彼が主に作ります。彼はプラモデルつくりが趣味だそうで、どの作業もすごく上手に楽しんでされています。
ブライダル

違うデザインの結婚指輪を手作り

ふたりで手作りした結婚指輪。プラチナ地金からの制作です。彼は幅広のoval(平)に鎚目を施したデザイン。彼女はピカピカのhalf round(甲丸)。彼女が彼の指輪に金鎚で鎚目を打ちます。シルバーの指輪で練習をしっかりとしたからか、迷いなくかなり強めで打っていきました。
ブライダル

お互いの結婚指輪を手作り

ふたりで手作りする結婚指輪。プラチナ地金からの制作です。彼女の指輪はピカピカhalf round(甲丸)。彼は大きな手を真っ黒にしながらしっかりと磨きます。彼女はその様子をうれしそうにずっと笑顔で見つめます。「なぜ手作りしようと思ったんですか?」「お金で買うことができない、他にはない物がよかったんです」