ブライダル

ブライダル

ふたりでピカピカに磨いた結婚指輪

ふたりで手作りした結婚指輪。プラチナ地金からの制作です。お互いの指輪を作り合いました。oval(平)をピカピカに磨きました。彼女は彼の大きな指輪を磨きます。鉄のやすりで磨く時は、慣れてないのもあり大変そうでした。それを見て、彼が少し手伝ってくれました。
ブライダル

溶接経験のある彼が彼女をサポート

ふたりで手作りする結婚指輪。プラチナ地金からの制作です。お互いの指輪を作り合いました。彼は授業で溶接をされたことがあるそう。彼女はちゃんと出来上がるか、少し不安そうでした。
ブライダル

丸みをつけた鎚目の結婚指輪

ふたりで手作りした結婚指輪。 プラチナ地金からの制作です。お互いの指輪を作り合いました。oval(平)を少し丸く削り出してから鎚目を施しました。丸く形作るときは鉄のやすりで削ります。やすりを持つのは「小学生振り?」だそう。
ブライダル

お互いの結婚指輪を手作り

ふたりで手作りする結婚指輪。プラチナ地金からの制作です。お互いの指輪を作り合いました。ものづくりはする機会がないというおふたり。「自分のより責任感持って取り組めそう」と、お互いの指輪を作ることに。
ブライダル

結婚指輪制作の仕方に性格が

ふたりで手作りした結婚指輪。プラチナ地金からの制作です。half round(平)をピカピカに磨きました。彼女は全体的に少しずつ磨くスタイル。彼は1センチ分くらい完璧に仕上げたら次の1センチに移動するスタイル。紙やすりの使い方も全然違って、性格が出ますね。
ブライダル

緊張しながらの結婚指輪制作

ふたりで手作りする結婚指輪。プラチナ地金からの制作です。ものづくりはあまりされないというおふたり。最初、少し緊張されているようでした。「焼きなまし」が終わる頃には緊張も解け、あっという間に指輪の形が出来上がりました。
ブライダル

ピカピカに磨いた結婚指輪

ふたりで手作りした結婚指輪。プラチナ地金からの制作です。お互いの指輪を作り合いました。小さな指輪は持つスペースも狭くて、しっかりと支えるのに力が必要です。持ちにくいながらもピカピカに磨きました。 彼はoval(平)、彼女はhalf round(甲丸)のデザインを選び、ピカピカに磨きあげました。
ブライダル

ロー付け(溶接)もふたりで

ふたりで手作りする結婚指輪。プラチナ地金からの制作です。彼は以前溶接をされたことがあるそう。プラチナのロー付け(溶接)の時は「ブレない」のがポイントです。ブレると温度が上がらずにロー材が溶けません。熱い指輪やバーナーを持つ時は少し怖いですよね。合わせ目がわからないくらいきれいにロー付けできました。
ブライダル

プラチナとゴールドの結婚指輪

ふたりで手作りした結婚指輪。プラチナとゴールド、それぞれ地金からの制作です。自分の指輪を作りました。oval(平)に鎚目とつや消しを施しました。制作の途中から「今のゴールドの色かわいい、この鎚目もつや消し具合も良いな」と。お気に入りの指輪が仕上がりました。
ブライダル

あっという間に出来上がった結婚指輪

ふたりで手作りする結婚指輪。プラチナとゴールド、それぞれ地金からの制作です。自分の指輪を作りました。ふたりともコツを掴むのが早く、あっという間に出来上がりました。 彼はプラチナの指輪、彼女はゴールド。