結婚指輪制作の仕方に性格が

結婚指輪制作の仕方に性格がブライダル

ふたりで手作りした結婚指輪。
プラチナ地金からの制作です。

half round(平)をピカピカに磨きました。

彼女は全体的に少しずつ磨くスタイル。
彼は1センチ分くらい完璧に仕上げたら次の1センチに移動するスタイル。
紙やすりの使い方も全然違って、性格が出ますね。

インスタを読んでいただいたそうです。
「ピカピカに磨いた人たちのエピソードで左手が痛いってよく書いてあるけど、なんで左手が痛くなるのかなって思ってたんです。
やってみてわかりました、左手が痛い!」
磨く時に指輪が動かない様に、左手でしっかりと支えなくちゃいけないのです。
長時間になると、支え続けて左手がしんどくなるんですよね。

左手が痛くなるほどがんばって磨いて、ピカピカの指輪が出来上がりました。

コメント