ロー付け(溶接)もふたりで

ロー付け(溶接)もふたりでブライダル

ふたりで手作りする結婚指輪。
プラチナ地金からの制作です。

彼は以前溶接をされたことがあるそう。

プラチナのロー付け(溶接)の時は「ブレない」のがポイントです。
ブレると温度が上がらずにロー材が溶けません。

ブレにくいように、バーナーを持つ人は背後の柱に寄りかかります。
指輪を持つ人はバーナーを持つパートナーにピタッとしておくとブレにくいです。

「思わず息を止めるから苦しい…」
動かないように…と思うと、呼吸をするのを忘れてしまいます。

「緊張したー!」
熱い指輪やバーナーを持つ時は少し怖いですよね。
合わせ目がわからないくらいきれいにロー付けできました。

コメント